MENU

せんせいのぶろぐ 記事一覧

資料請求・お問い合わせはこちらから

せんせいのぶろぐ

平成27年度日本語教育能力検定試験が終わりました。

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

出題された問題を見ると、まず、文法など日本語ネイティブであれば理論を知らなくとも語感があれば答えられる問題の難易度が少し上がっています。わかりやすく言うと「分析して整理する」手順が必要な問題が増えたという印象です。

また「談話」についての出題が増しています。これはここ何年間かずっと続いている傾向で、ムーブ、フロア、隣接ペアといった用語もどんどん出てくるようになっています。

日本語教師仲間で話題になったのは試験1の問題14です。東南アジア諸国のうち、日本語学習者の多い、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの5か国の状況に関する問いが5題出題されているのですが、最後の問いが5か国のポップカルチャーに関するもので、正解はこれだと思うのですが、「インドネシアにAKB48関連グループ『JKT48』が結成されている。」まあ、マンガ、アニメ、アイドル等ポップカルチャーが日本語学習者増加の背景にあると認識していない受験者に対するショック問題なんでしょうね。

H.M.

文法の話4

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

これから日本語教師になろうという人のために書かれた文法書には前回までに述べたようなことが書かれています。

これをそのまま外国人学習者に伝えるのは難しすぎます。まして直接法の授業であれば、少なくとも中級以上でなければ理解できませんし、どのような授業の前後関係でこの項目を扱うかなどを考える必要があります。

私は基本的に以下のように扱っています。

学習者が宿題等で「は」と書くべきところを「が」と書いた、あるいはその反対であれば、赤で訂正を入れて返却します。その時に解説をしたり、質問を受けたりします。そういう時間を利用して、「は」と「が」の問題点すべてではなく、誤用を起こした項目に関わることのみを基本的に取り上げます。そうすれば、学習者の「なぜ」に答えることになり、モチベーションの高い状態で授業をきいてくれるということになるからです。

その時は専門用語を極力避け、状況をわかりやすく提示することが大切です。

 

ある時学生から質問がありました。教材の例文に「ドアの前にいる人はチンさんのお父さんです。」というのがあったのですが、「~人は~」と「~人が~」はどう違うかというものでした。まず、板書します。

     

  1. ドアの前にいる人はチンさんのお父さんです。
  2.  

  3. ドアの前にいる人がチンさんのお父さんです。

 

それから、学生たちに向かって質問します。「1と2が答えになる質問文を考えてみましょう。」

 

いろいろな答えが出てきます。正解はこれですね。

 

 Q1. ドアの前にいる人はだれですか?

 A1. ドアの前にいる人はチンさんのお父さんです。

 

 Q2. どの人がチンさんのお父さんですか?

 A2. ドアの前にいる人がチンさんのお父さんです。

 

H.M.

文法の話3

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

「は」は「主題を表す標識」です。主題にできるということは聞き手や読み手も知っているものでなければならず、相手が知らない固有名詞などにいきなりつけて、話を始めるということは基本的にできません。(一部小説などで、そういう始まり方をする唐突な導入部のものもありますが、一般的ではないです。)

疑問詞(「なに」、「だれ」、「いつ」等)につけられないのも同じ理由によります。格助詞のように名詞と述語との関係を示すものではないので、とりたてて述べたいことばであれば、名詞以外の品詞にも付きます。(「寒くない」、「ときどき起こる」等)

 

「が」は二種類あります。専門用語を使ってしまいますが、「中立叙述」と「総記」です。

典型的な中立叙述の用法は「今、ここ」で話し手がとらえた「新しい情報」です。

外に出て、「あ!雨降ってる!」。窓を開けて、「風冷たい!」というような使い方です。その他には従属節の中の主語など、「弟来たとき、私は記事を書いていた。」のような使い方です。

 

今、主語などと書きましたが、一部目的語にも「が」がつきます。一部の動詞(「わかる」、「できる」、「書ける」のような可能形)や形容動詞(「好き」、「嫌い」、「上手」、「下手」等)の目的語です。「ジョンさんは日本語わかる。」、「山田さんも日本酒好きだ。」のように。

 

さて、総記とさきほど書いた用法ですが、こちらはわかりやすく言うと「現在の文脈の上で出すべき答えを提示する」というものです。

 

「お客様の中で練馬からお越しの吉村様、いらっしゃいますか?」

「私吉村です。」

 

「どれいい?」

「これいい。」

 

今日はここまで。(また長くなってしまいました…)

 

H.M.

文法の話2

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

「は」と「が」とは何?

日本語教師でもやっていないと、こんなことは考えることもないでしょう。

「は」は副助詞(日本語教育では「とりたて助詞」という名称が参考書などで用いられることが多いです)、「が」は格助詞で、全く違うものなのですが、文の中で同じ位置に現れることが多いため、学習者の文にしばしば誤用が出現し、スポットライトが当たることになるわけです。

 

以下その例。

 

どれ答えですか。

あっ、雨降っていますよ。

経済の問題について私よくわかりません。

 

実は学習者の母語も誤用に関わってきます。

韓国語は日本語に近く、「は」と「が」に近いものがあるので(「は」相当のことばは対比の意味合いを持たないと使いにくいようです)、教師がこの文法事項を教えていなくても、誤用は目立ちません。しかし、英語や中国語はこれに相当することばがないので、誤用が目立ちやすく、「作文を書いたら、先生によく直されるけど、いったい何がどうなってるんだろ?」と思っている学習者も相当数おり、質問してくる場合もあります。

 

また、教材のタスクが誤用を引き起こす場合もあります。

 

下の   にことばを入れて文を完成させましょう。

 

私の国では                   が普通です。

 

学習者A:私の国では銀行が4時まで開いているのが普通です。

 

学習者B:私の国では外国人と付き合うのが普通です。

 

明らかにBさんの文は変ですよね。これは「~が普通です」を「~は普通です」と取り違えているのです。

Aさんは「私の国では何が普通なのか」と考えて、その答えを考えたのでしょう。しかしBさんは「私の国では~ことは普通である」の「~」の部分を考えて作成したのでしょう。

つまりBさんは「私の国では外国人とつきあうことはどうであるか」という問いに対して、「普通(珍しいことではない)です」と考えたというわけです。

今回はここまで。まだ続きます。

 

H.M.

文法の話1

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

日本語教師養成講座では様々なことを学びますが、「語学」という言葉から連想されやすいことばが「文法」ですね。日本語ネイティブは日本語教師にでもならないかぎり、生きていく上で、日本語文法など学ぶ機会はないでしょう。

母語というものは理屈を知らなくとも自動化されているので、基本的に文法を間違えることはありません。

 

しかし、外国人に教えるということになると、「分析して、ルールとしてまとめ、明示的に提示できるようにする」作業が必要です。

文法を教えるというのはこういう作業がついてまわります。そのために「日本語文法」を体系的に学ぶということになります。

 

ですから、文法を学んでおかないと「正しい」、「正しくない」ということは言えても、どこがどう間違っているのかというフィードバックができないということになります。

 

さて、日本語文法といっても様々な項目がありますが、解説を受けなくてもすぐ理解できる、あるいは日本語ネイティブであるということでわかる項目と、解説を聞いたり、読んだりしなければわかる人は稀という項目があります。

 

後者の例としては「は」と「が」の問題があります。(以下次回へ…)

 

H.M.

母語の干渉(マレー語2)

Posted by 

カテゴリ:ことばの問題

マレー語母語話者が日本語学習の入門期に産出する誤用をもうひとつ取り上げてみたいと思います。

ちょっと専門的ですが、言語類型論などで使われる「側置詞」ということばがあります。これは主に、その名詞が動詞との関係の中で、どういう役割を持っているかを表示するもので、英語などでは名詞の前に置くので、「前置詞」といいます。日本語では格助詞(「が」、「を」、「に」、「で」など)が該当します。日本語などでは名詞の後ろに置くので、「後置詞」と呼びます。

マレー語はちなみに前置詞です。

 

Saya pergi ke sekolah.

私  行く  へ 学校

「ke」が日本語の「へ」に相当します。向かう場所をあらわしています。

 

さて、日本語では何かをする時の手段・道具を表すのは「で」です。

はさみで紙を切る。

バイクで会社に行く。

 

「いっしょに」ある行為をする人を表すのは「と」です。

友だちと海へ行く。

妻と映画を見る。

 

マレー語ではどちらも「dengan」で表します。

 

Saya makan nasi dengan sepit. (私は箸でごはんを食べる。)

Saya pergi bersama dengan kawan.(私は友だちと一緒に行く。)

 

そんなわけで、授業中にこんなことがありました。

「○○さんは何で学校へ来ますか。」のように、交通手段を言わせる練習をしていました。

「バイクで来ます。」とか「バスで来ます。」とか、答えてもらうわけです。ふと見ると、居眠り寸前の学習者がいたので、指名しました。

「○○さんは何で学校へ来ますか?」

彼はこう答えました。「わた、わた、私は友だちで学校へ来ます…….」

彼がだれかの背中に乗り、鞭を使って、こちらに近づいてくる光景を想像して、爆笑してしまいました。他の学習者も爆笑。彼だけが「は?」という表情で目をこすっていました。

 

H.M.

マレーシアのローカルフード(インド料理)

Posted by 

カテゴリ:海外で

さて、マレーシアのローカルフード紹介、最後になりました。インド料理です。

 

シークの人なども住んでいますが、マレーシアに住んでいるインド系の人々で最多と思われるのがタミルの人々です。タミル人のふるさとはタミルナードゥ州。インドの南部にあって、州都はチェンナイ。

 

インドといえばカレーですね。タミルなど南部地域のカレーは見た目が赤い感じのものが多いです。カレーの具はタミルの人がヒンドゥー教徒ということもあって、ビーフはなく、チキン、マトンとなります。ちなみに昔私がいたころはクアラルンプールの中心地に「シラズ」というパキスタン系のカレー屋さんがあって(今でもあるのかな?)、ビーフカレーが食べたいときはそこに行っていました。(パキスタンのほとんどの人はイスラム教徒なので牛肉が食べられます)。また、肉以外の具ではフィッシュヘッドカレーが名物でした。かなり大きめの魚の頭が丸ごと出てきます。食べるのが面倒なので、あまり好きではないですけど。普通に皿でサーブするところもありますが、名物をウリにしているところではバナナの葉にご飯を盛ってサーブします。

 

あと海産物では海老や烏賊のカレーをよく食べました。ご存知の方も多いと思いますが、インドのカレーは日本のカレーのように、肉、にんじん、じゃがいも…のように複数の具をいっしょにするカレーは一般的ではありません。具は単品。野菜のカレーではオクラ(実はインド原産)のカレーが好きでした。

 

インドの南部は米食地域なのですが、軽食として食べる「ロティ・チャナイ」というチャパティーに近いパンもあります。カレーといっしょに食べたりします。

 

ロティチャナイを作っている男性

ロティチャナイを作っているインド系のおっちゃん

あと、紹介したいのが「カリー・パフ」、生地がパイっぽいのですが、日本のカレーパンのようなものです。飲み物では「テー・タレ」。ミルクティーを注いだコップを上から逆さまにして、もう一方の手に持ったコップで受けるというパフォーマンス付きの飲み物です。絶対にこぼしません。ちなみに「テー」は茶、「タレ」は引っ張るという意味です。パフォーマンスがミルクティーを「引っ張っている」ように見えるからです。

 

クアラルンプール駅

クアラルンプール駅

 

H.M.

母語の干渉(マレー語1)

Posted by 

カテゴリ:ことばの問題

日本語教師養成講座でも学習者の誤用をとりあげる授業がありますが、マレー語母語話者の多くが日本語学習の入門期に産出する誤用を取り上げてみたいと思います。

まず、マレー語の語順に起因すると思われる誤用です。

日本語の語順は修飾語(形容詞や修飾名詞)の後ろに被修飾名詞という語順をとりますが、マレー語は逆になります。

 

Rumah besar (家)(大きい) 大きいうち

Bahasa Jepun (語)(日本) 日本語

Nama saya (名前)(私)  私の名前

 

というわけで、「田中先生」は「先生田中(guru Tanaka)」と呼ばれるかもしれません。

ちなみに小さいサイズのバスが町の中を走っていますが、車体には「bas mini」と書いてあります。

 

H.M.

マレーシアのローカルフード(中華料理)

Posted by 

カテゴリ:海外で

さて、マレーシアの中華料理ですが、もちろん辛くないものもあります。地方別でいうと福建系のものが今思えば多かった気がします。甘さの出し方に特徴がありますね。後日(というか十数年後)福建省に仕事で赴いた折に、「ああ、こういう感じの味付けだったなあ」と感じました。

 

福建系の食べ物で、今でも無性に食べたくなるのが「ホッケン・ミー(福建式のやきそば)」ですね。うどんという感じの太くて、白い麺に黒いソースが絡んでいるのですが、何とも例えようのない味です。一度日本で高い金額払って食べましたが、いまいち・・・・

それから、小ぶりの牡蠣のオムレツ。これがねえ、ビールがどんどんイケちゃうんですな。

 

中華料理店に入ってメニューをみると、チリソースを使ったえびや蟹の料理が多かったですかね。近所の料理屋の店主(「キャプテン」って呼んでました)がいろいろと「今日はこういう材料が入ったから、食べてみない?」とか。いろいろ堪能しました。

 

蟹チリソースと格闘する人々

蟹チリソースと格闘する人々

 

フカひれのスープが結構安い値段で食べられるので、よく注文してました。

あと、するめを戻したのをチリソースで炒めた料理があって、これもよく頼んでました。

道端の屋台で食べる「どうでもいいラーメン」(ワンタンが入ってないのに、「ワンタン・ミン」と言う)もうまかったなあ。

 

ちなみに広東系の料理もありますが、香港でいろいろ食べた人間としては「なんか違う」という印象で、よく覚えていません。ちなみに広東系の人に香港で覚えた片言広東語を使うと、英語で「香港スタイルの広東語」と言われたっけかなあと。

 

中華料理編でした。

 

ダヤブミ 当時はペトロナスタワーはまだなかったので、これが一番高い建物でした

ダヤブミ 当時はペトロナスタワーはまだなかったので、これが一番高い建物でした

 

マレーシアの住宅地

中心部でもちょっと脇に入ると、こんな光景

H.M.

それはわるいことです

Posted by 

カテゴリ:日本語教師のつぶやき

以前テストの話を書いたので、テスト関係のことでもう一つ。

日本語教師をやっていて、たまに、いかに自分が日本の社会、日本の文化、日本人としての文脈に規定されているか、気づくことがあります。

ここのところマレーシアにいたころのことを書いているので、思い出したのが定期テスト後のフィード・バックの時間。

二者択一、いわゆる○×式や、どちらかにマークをする問題がそのときのテストに出題されていて(二者択一の問題は信頼性が低いので、個人的には作りたくないですね。)、ほとんどマークしていない学習者が複数いました。

「急いでどちらか選べばよかったのに」と言ったところ、「どちらが正しいかわからなかったんです」という発言があり、「じゃあ、たぶんこっちだと思うものにマークすれば、1/2の確率で点取れるでしょ」と言ったら、「先生、それは悪いことです。正しい答えを知っている、間違って覚えている、わからないという三つが区別できなくなります。」と言われて、けっこう衝撃を受けました。

ゲームで得点するようにテストの点数をとらえていた自分の考え方は「間違っているのかもしれない」と、その他の学習者の「当然」という表情を見て、考え始めました。今から二十数年前、三十歳を目の前にして。

 

 学習者と懇談

クラス対抗サッカー試合が終わって、学習者といっしょに

H.M.

12

PAGE TOP