MENU

せんせいのぶろぐ 記事一覧(2ページ目)

資料請求・お問い合わせはこちらから

せんせいのぶろぐ

マレーシアのローカルフード(マレー料理)

Posted by 

カテゴリ:海外で

マレーシアではマレー料理、中華料理、インド料理などがいわゆるローカル・フードですが、まずは、マレー料理について紹介しましょう。

 

基本的に主食は米です。インディカ米ですね。熱々のご飯は食べられないと思ってください。

これはインド料理も基本的に同じです。なぜ、熱いご飯がないのかというと、基本、手で食べるからです。一度インドの方のお宅に招かれまして、ナイフやフォーク、スプーンは用意していないとのことなので、手で食べてみて、初めてそのことに気づきました。私たちの口の中はけっこう逞しく、皮膚は弱いのです。熱々のスープを私たちは飲むことができますが、そのスープが手にかかったら、やけどをしますよね。

ですから、ご飯が炊きあがると、扇いで冷まします。カレーなどの煮物も、できてすぐは食べません。

 

おかず類は煮物、つまりカレー類が多いです。最近はインド式のカレー屋さんが多いので、インド式のカレーの味はみなさんご存知かと思いますが、マレー式のカレーは日本人には馴染みのない味が含まれています。多くのものは日本でいうところの「激辛」です。インド料理の辛さは「複雑な味の辛さがじわじわ」ですが、マレー料理の辛さは「シンプルな辛さがいきなりドーン」です。マレーの人はモスリムなので、牛、羊、鶏が使われます。そのほか烏賊の煮物もけっこう食べた記憶があります。また、鯵か鯖の素揚げを煮物に乗っけて食べる人も多かったです。野菜は日本人になじみがあるものや初めて見たものもありました。

 

朝ごはんや軽食としては、まず、「ナシ・ルマ」というココナッツミルクで炊いたご飯ですね。たいてい朝食として食べます。これ自体は辛くありません。小魚を揚げたもの(イカン・ビリス)、ピーナツ、きゅうり、サンバルというチリソースがつきます。

マレー式チャーハンは「ナシ・ゴレン」です。辛いです。「ゴレン」とは炒める等の意味です。焼きそばは「ミー・ゴレン」です。これも辛いですが、やみつきになりました。屋台ごとで微妙に味が違います。

 

マレーシアの屋台と猫

学校脇の屋台、よく昼食をここで食べてました。マレーシアのネコは小さいときから食べているので、激辛カレーも平気。

 

ずいぶん長くなっちゃいました。そのほかサテやアッサム・ラクサ等、紹介したいものがまだありますが、最後に紹介するものは「ローズ・ジュース」です。

モスリムはお酒を飲みませんから、パーティーなどでこれを飲みます。バラのにおいのするシロップを薄めたものですが、初めての人は面食らうと思いますよ。化粧品っぽいフレーバー全開ですから。しばらく経つと好きになっちゃう人もいるかもしれません。

 

ローズジュース

ローズジュース

 

日本語教師は味覚も「ワールド・ワイド」でいきましょう!

 

マレーシアの裁判所

裁判所

 

H.M.

テストの配点

Posted by 

カテゴリ:日本語教師のつぶやき

このところ、あまりテストを作る機会がなかったのですが、先日久しぶりに作る機会がありました。日本語教師も先生業なので、テストを作らなければなりません。

これから日本語教育の道に進もうという方も評価法の授業でいろいろと評価に関わることがらを学ぶことになりますが、今日はちょっとした「テスト作りの知恵」について書いてみます。理論的なことは評価法の授業で学びますから、「生活の知恵」のような角度で。

 

実際に採点する時に「さあ、どうしよう」という時があります。テストには客観テストと主観テストというものがありますが、客観テストはその名のごとく、「だれが採点しても同じ」にならなければいけないのですが、実際そうならないテストがあります。

それは配点の問題です。

一番楽なものは配点1点の以下のようなものです。

 

( )の中の正しいものに○をつけてください。

はし(に・で・と)ごはんを食べます。

 

これは「で」以外なら得点になりませんね。

困るのは次のようなものです。

 

( )中に適当な動詞を入れてください。

はさみで紙を(   )てください。

 

正解は(切っ)ですね。これが配点1点なら、記入なしはもちろん(切)も不正解ですが、3点なんかの場合は困ります。完全解答以外認めないというのは記入なしと(切)が同じく0点になりますが、この評価は妥当だとは言いにくいですよね。さっぱりわからない者と促音を書き損じた者が同じ評価だというのは賛成できません。

では、完全解答は3点、記入なしは0点だとして、不完全解答を2点にするか、1点にするか、基準を考えるのが大変ということになります。実際こういうテストを公平に採点することになると、時間がどんどん過ぎてしまいます。不完全解答も(切)のほかに、(切り)もあれば、(ぎっ)もあれば、ちゃんと促音を入れているのに漢字が少しちがっているなんてのもあります。

 

かつて恩師の一人が「だから、こういうテストは配点2点までにしなさい。」とおっしゃいました。完全解答2点、不完全解答は全て1点、まったく違う動詞あるいは記入なしは0点とシンプルです。

 

H.M.

からいもの2

Posted by 

カテゴリ:海外で

今日はマレーシアで遭遇した「事故」について書きます。

 

マレー料理のスタイルで、ポピュラーなものに「ナシ・チャンプル(ナシは米、チャンプルは混ぜるという意味。沖縄方言のチャンプルと同じ意味ですね)」というものがあります。

まず、皿に白米(インディカ米ですね)を盛ってもらい、バイキング・スタイルでほしい料理を上にのっけて、食べる前に料金を支払うスタイルです。

マレーの人の多くはインドの人のように、手で食べます。それで、テーブルの上には手を洗う水差しなどが乗っています。われわれ外国人はたいていスプーンとフォークで食べます。スプーンは時にナイフの役割もします。

 

僕がマレーシアに馴染んだころ、ナシ・チャンプルの店で、料理が50種類の店があるというので、ローカルの教師と日本人の教師数名で出かけました。

いろいろ回ってみると、獅子唐か大きな豆のように見える具のカレーがあったので、皿にのせました。テーブルについてそれを齧ったあと口の中が「大火災」に見舞われました。

どのぐらい辛いかというと、しゃべれない、涙と鼻水が止まらない、頭の中が白くなって思考ができない、そのうち呼吸が乱れると、まあ、すごい状態ですね。

しばらく下向いて、ハアハア言ってたら、ローカルの先生が異変に気づいて、「どうしたんですか?」と訊くので「ホレオハヘハシタ(これを食べました)」と、ひーこら答えました。

すると、「大変!」と言って店の人に何かを持って来させました。

何だと思います?

砂糖壷です!とにかく砂糖を口の中に塗りつけろというので、そうしたら、「苦しみ」が徐々に治まって、普通に話せるようになりました。こんな時に水を飲むと更に辛さに苦しむことになります。って、この事件があったから、わかったのですが…

 

あとで聞きましたが、その獅子唐のようなものは「食べるもの」ではなく、辛さをつけるために料理といっしょに煮込む特別の唐辛子だということで、僕がその料理の前に立ったときにはすでに料理は「全部持って行かれた後」だったというわけです。

「たまには見回って、チェックしてくれよ」というのはマレー人ののんびり気質を思うと無理な注文かもしれませんねえ。

 

これから日本語教師になろうという方で海外志向の方、深刻な事態はもちろん解消しなければなりませんが、小さなトラブルは「楽しんでしまおう」ぐらいの気持ちでいた方がいいと個人的には思います。

動かすか、動かさないか

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

赤門会日本語学校日本語教師養成講座420時間コースには選択科目というカテゴリーがあって、30時限以上の履修が義務付けられています。どんな科目があるかといいますと、日本の伝統文化に関わるもの、イベント参加、また外国語入門などがあります。外国語入門で今まで扱ってきたのは中国語、韓国語、ベトナム語、トルコ語、ロシア語です。この他にも開講可能となれば、さまざまな言語を紹介していきたいと思います。

外国語入門を開講する目的は二つあります。ひとつは「入り口程度でかまわない」から、受講者にさまざまな言語に触れてもらい、言語の多様さを実感してもらうこと。もう一つは「学習者の立場に身を置く」ことにより、学習者からみた日本語習得の実際(つまり、大変さですね)を仮体験してもらうことです。

 

先日受講者と中国語担当の先生のやりとりが耳に入ってきました。

受講者「巻き舌の音がなかなかできません。」

先生 「そうですね。日本語では使いませんからね。」

 

どんな外国語でも難しい発音は必ずあります(もちろん日本語ネイティブにとって、発音がやや簡単な言語から、非常に大変な言語まで差はありますが…)。

 

日本語以外の言語は日本語ネイティブが発音を習得する際に、今まで使ったことのない顔の筋肉の動かし方を覚えなければいけないというものが多いです。中国語やフランス語を習得した方はピンと来ると思いますが、日本語はあまり顔の筋肉を動かさない言語です。

 

では、逆に学習者に発音指導をする際に気をつけるポイントはなんでしょうか。そうです、「顔の筋肉を動かさないようにさせる(それでも勝手に動いてしまうのですが…)こと」です。

ですから、演劇の発声練習みたいな指導は逆効果になります。もちろん聞こえないような小さい声ではこまりますが、「ぼそぼそ」とした発音の方が「日本語らしい音」になります。

 

音声や発音指導法の授業などで発音指導の実際を学びます。

 

H.M.

からいもの1

Posted by 

カテゴリ:海外で

もう30年近く前になりますが、マレーシアで日本語を教えていました。今日はちょっと日本語教育とは離れますが、「たべものの話」です。

日本語教師をやっていると「味覚がワールドワイド」になってしまうと言う日本語教師は多いと思います。海外で仕事をすれば、その国の味に染まり、日本国内であっても、学生たちはいろいろな食べ物を持ってきます。

 

マレーシア(クアラルンプール)に赴任したばかりのころ、「なんか予想してたけど、辛いものが多いな」と感じました。マレー料理、中華料理、インド料理、ステーキやピザも食べられるし、たまには日本料理。マレーシアは「食」の楽しみがいろいろあります。

 

中華料理のレストランでまずビールを注文すると、小皿をいっしょに持ってきました。酢に浸した小さな唐辛子が乗っています。ビールを飲みながら口に運ぶと、「うひ!」。小さな唐辛子の半分をかじっただけで、ビールを三口ぐらい含まないと大変です。

これ、「チリ・パディ」というもので、料理のアクセント付けに使いますが、「つまみにする」という猛者までいます。

僕も赴任後一月もすると、「猛者」になってしまいました。料理が運ばれて来るまでに、ビールを飲みながらチリ・パディの「おかわりをする」ようになってしまいました。

 

H.M.

教師の新たな気づきは学習者によってもたらされる

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

現在、中級後半の留学生クラスを受け持っています。

先日休み時間に質問されました。

 

学習者「先生、これ、鳴るっていう意味ですよね。」

私  「ん?」

 

教材の中に「今、ピンポーンって言わなかった?」という文が出てくるのですが、この「言う」の用法が引っかかったというわけです。

「言う」の原義は「思っていることをことばで表す」ですが、多義語なので、他に「名詞の後ろに『と』を伴ってつき、名前を示す」、「『という』という形で文末につき、伝聞表現になる」など、さまざまな用法があります。慣用表現で「学歴がものをいう」なんていうのもありましたね。

 

長年日本語教師をやっていると多義語の用法をそれぞれ整理して、必要なときに「頭の書庫」から引っ張り出してくるのですが、この項目は「未収録」でした。今回恥ずかしながら、初めて収録させてもらいました。

 

この学習者には「鳴る」を使ってもこの場合は問題ないが、日本語ネイティブとしては「鳴らなかった?」より「言わなかった?」の方が無意識で口から出やすいこと、「今、チャイムが言わなかった?」のように擬音語なしでは使えないことを伝えて1分程度で質疑応答の時間を終えました。

 

ことばの意味用法が増えていく過程を「意味の拡張」といいますが、何かしらの比喩がからんでいます。この「言う」はものの音をことばとして扱う過程で「言う」が「鳴る」の領域に入り込んだ(まあ、そもそも擬音語自体がものの音を言語音に擬しているのですから)のでしょう。

 

よく日本語教師が使っている文型辞典にはこの項目は収録されていませんでした。国語辞典を見てみますと辞林や明鏡にもこの項目はなく、広辞苑にはありました。

 

H.M.

アクセントとイントネーション

Posted by 

カテゴリ:ことばの問題

日本語教師を目指す人の大部分は日本語教師養成講座に入って、初めて音声学を学ぶのではないでしょうか。私もそうでした。

音声学を学ぶ際にちょっとひっかかる単語が「アクセント」と「イントネーション」です。

 

多くの日本人が「言語」というものを「明示的に意識する」のは英語を初めて学んだ時ではないでしょうか。その時、私たちは「アクセント」という単語に出会います。英語はご存知のように強弱アクセントですね。desert(砂漠)は頭を強く発音し、dessert(デザート)は後ろの方を強く発音するといったように。

 

音声学の用語で、「単語を区別する」ものをアクセントと言います。大多数の日本人はこのとき「強く発音すること=アクセント」と頭の「辞書」に入れます。英語は「強弱アクセント」の言語なので、これはこれで問題はないのです。(音声学とは関係なく、一般的な英語の言い方で、方言特有の音声的特徴の総体のこともaccentと言いますね。Australian Accentのように。)

 

さて、日本語教育の道に進もうと、養成講座に入り、音声学の授業で「日本語のアクセント」という言葉を聞いて、混乱する人は少数ではありません。「箸と橋はアクセントが違いますね」という言葉を聞いて「え?それってイントネーションでしょ?」と思うようです。「アクセントは音の強さで、音程の違いはイントネーションでしょ?」ということですね。そこで、先生が「日本語のアクセントは高低アクセントです。」というと「じゃ、イントネーションって何?」となります。

 

音声学で使っている「アクセント」という言葉の定義は「単語を区別するもの」です。英語のように「強弱アクセント」の言語も、日本語のように「高低アクセント」の言語もあります。

 

では「イントネーション」とは何でしょう。「単語レベルを超えた文などの全体に現れる音調で、話し手の聞き手に向けた態度表明の役割を持つもの」です。

「そうでしょう」と語尾を下降させると、「推量」。語尾を緩やかに上昇させると、「確認」。

「しょ」から急激にかなり高く発音すると「非難」になったりします。

 

今回はここまで。

 

H.M.

行くの?来るの?帰るの?

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

はじめまして。これがブログの第一号の文章になるわけですね。H.M.です。
日本語教育の道にこれから進もうと考えていらっしゃる皆さんにできるだけ有用な情報をお伝えできるよう、がんばってまいります。

 

今回は基礎語彙を教える際の留意点についてエピソードを交えて紹介します。
日本語教師養成講座では、まず「初級の教え方」を習います。(「上級の教え方」を習った後で「初級の教え方」を習うことはありません。)入門期の学習者に教える項目の多くが基礎語彙です。

 

基礎語彙というのは使用頻度が高く、日常生活に必要で、他の言語でも同じようなことばがあり、長い歴史を通じて変化していないことばの集まりです。基本的な動詞もここに含まれますが、今日のエピソードは「行く」、「来る」、「帰る」です。

 

初級の学習者同士の会話を耳にしました。
学習者A「Bさん、私の家へ帰りませんか。」
学習者B「・・・?」
学習者C「それは『私の家へ行きませんか。』でしょ?」

 

AさんはBさんを「ウチに来ない?」と誘っているわけなのですが、ネイティブの自然な語感からすると「私の家へ来ませんか。」という表現になると考える方が多いのではないかと思います。どうして、このような選択ミスが生じるのでしょうか。

 

イメージでいうと「行く」は視界の前方の方に遠ざかるイメージで、「来る」は視界前方からこちらに向かって近づいてくるイメージですね。「帰る」は自分の家、国などに向かうということを入門期の学習者は教師に習います。

 

入門期の教科書の例文を見てみると以下のようなものが確認できます。
・昨日の午後スーパーへ行きました。
・電車で京都へ行きます。
・去年の9月に日本へ来ました。
・毎晩8時に家へ帰ります。

 

視点は「今、ここ」に限定されています。また、教科書は「日本国内にある教室」で使われることが前提になっているので、概ね「ここ=教室」の例文になっています。
入門期ではあまり膨大な情報を詰め込むのは無理であるし、非効率的なので、適当な情報量でよしとします。その情報量を超えたものは、もう少し上のレベルで適当な時期に教えるというスタンスを多くの教師が取っています。上記の例は「教科書の情報量を超えてしまった」例です。視点は「今、ここ」ではなく「自宅」にあるわけです。

 

このように基礎語彙の多くは「簡単そうに」見えますが、けっこう奥が深く、多義語(意味が複数あることば)も多いので、教える際に「今教える内容はここまでにとどめるが、この範囲を超えた用法もある」ということを意識して教えることが望ましいと思います。

 

私が日本語教師養成講座の受講者だったはるか昔、指導教師に言われたことばで締めくくりたいと思います。「日本人にとって簡単に見える日本語ほど、教えるのは難しい」。

 

H.M.

12

PAGE TOP