MENU

日本語教育機関の種類

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教育機関の種類

日本語教育機関の種類

日本では2017年現在、300校以上もの日本語教育機関がありますが、日本語を学ぶ目的によって、大学・短期大学が設置する「留学生日本語別科」(以下、日本語別科)と、日本語学校の2種類に分かれます。どのような違いがあるのか、みてみましょう。

日本語別科

日本語別科は、日本の大学や短期大学に留学生や研究生として入学する前に、準備教育を受けるために通うものです。設置元の学校に入学する際、選考で有利にはたらくこともあるとされており、人気があります。他の学校を受験することもできます。

日本語学校

日本の大学や短期大学、高等学校などへ入学する準備のために日本語を学ぶ教育機関が日本語学校です。日本語だけでなく、その他の科目も同時に勉強できる学校もあります。法務省の告示を受けた日本語学校は、さまざまな基準を満たしており、学習環境が整っています。また、法務省告示校に入学するため日本へ入国する際には留学ビザが発給されます。入学にあたっては、一般的に日本語能力試験N5以上のレベルが必要です。

PAGE TOP