MENU

日本語学校に勤務するには?日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語学校に勤務するには?日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ

日本語学校に勤務するには?日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ

日本語を母語としない人に日本語を教える先生を日本語教員、日本語教師、日本語指導員などと呼びます。日本語学校で日本語教師として働くにはどのようにすれば良いのでしょうか?日本語教師のなり方や、仕事の探し方についてご紹介します。

日本語教師になるには

職場によって日本語教師や、日本語講師、日本語インストラクターなど様々な呼び方をしますが、仕事内容としては、日本語を母語としない人に日本語を教える先生のことを指しています。

なぜ呼び方が様々にあるのかというと、日本語教師になるための国家資格がなく、絶対的に必要な特定の統一された免許がないためです。今のところ特定の免許や資格がないため、自称すれば誰でも日本語教師になれることになります。

しかし実際には一定の基準を満たしていないと、条件の良い職場に巡り合えないというのが現状です。日本語教師として条件の良い職場に採用されやすい基準は以下の3種類です。

・大学や大学院で日本語教育に関する科目を履修すること。履修数が45単位の場合を主専攻とし、26単位の場合を副専攻とする。
・民間の養成所における日本語教師養成講座の履修時間が420時間以上あり修了した場合。
・日本語教育能力検定試験に合格した者。

日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ

大学によっては日本語教師養成についての科目を設定していないところも多くあり、そのような場合は、ダブルスクールとして日本語教員になるための養成所での科目履修がおすすめです。また、転職して日本語教師になりたい社会人や、主婦から手に職を付けたい場合にも、普段のライフワークにプラスする養成所での講座履修を検討してみてください。

養成所では、日本語を教えるための言葉の知識はもちろん、日本文化や日本社会に関する勉強をします。また養成所によっては、仕事に就いた時に困らないよう実際に教壇に立って疑似体験をする講座や、教案作りを行う講座があるところもあります。

養成所では、420時間講座を履修し修了するだけでなく、並行して日本語教育能力検定試験への合格にも力をいれているケースがあります。検定試験の合格は、本人の実力を客観的に証明してくれるものです。養成所選びに迷った時は、そういった講座の内容にも注目してみましょう。

日本語教師の仕事を探すには

日本語教師の仕事は、インターネットの求人サイトでも募集が掲載されることがあります。日本語学校で教えるほか、家庭教師としての仕事や企業への派遣型教師の仕事などが主です。

ハローワークで募集が出ることもありますが、それほど頻繁に掲載される職種ではないため、こまめにチェックする必要性や競争率が高くなりがちというデメリットもあります。

日本語教師の養成所に通っている人の場合は、養成所へたくさんの求人票が届くため、養成所内の就職掲示板などに貼り出された求人票を見て応募するケースが一般的です。卒業前から仕事探しができるのも、養成所ならではのメリットだと言えるでしょう。

インターネットで探しつつ、養成所内の情報を活用するという2本柱で活動すると、効率良く就職活動ができます。

日本語学校に勤務するには?日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ まとめ

日本語教師になるために特定の免許は必要ありませんが、就職率のことを考えると、一定の条件を満たすことが望まれます。社会人や主婦の方など、比較的自由な時間が限られている人は、日本語教師養成所で講座履修の実績を積んでみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP