MENU

日本語教師の試験を受ける前に受けるべき講座とは?講座の内容と費用の相場

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教師の試験を受ける前に受けるべき講座とは?講座の内容と費用の相場

日本語教師の試験を受ける前に受けるべき講座とは?講座の内容と費用の相場

日本語教育能力検定試験は、日本語教師を目指す人の能力を客観的に証明できる検定です。必須ではないものの、日本語教師の求人では日本語教育能力検定に合格しているかどうかが基準とされている場合があります。しかし、日本語教育能力検定試験は難易度が高く、合格率も低めの試験です。ですから、試験前には、日本語教師を目指す人のための講座をなるべく受けておくと良いです。日本語教育能力検定試験に向けた講座の内容や費用の相場について、紹介します。

420時間以上の講義

日本語教師の募集のほとんどは、日本語教育に関する専門的な講座を420時間以上受講していることか、あるいは、日本語教育能力検定試験に合格していることが条件になっています。もし、両方とも条件をクリアしている応募者がいたら、間違いなく優先的に採用されることでしょう。

つまり、日本語教育に関する専門的な講座を420時間以上受講したうえで、日本語教育能力検定試験にも合格すれば、日本語教師の採用試験にパスする確率は高まるわけです。420時間の受講というと、膨大な時間を日本語教育の講座に費やさなければならないように思えます。しかし、420時間を最短6ヶ月で受講できる学校もあるのです。

日本語教師に必要なスキルを養成所で学ぶ

日本語教育能力検定試験は、出題範囲が非常に幅広いという特徴があります。当然のことながら、受講する講座も日本語教育能力検定試験に準拠した内容が望ましいのです。文化庁が定める、日本語教師に必要とされる教育内容であることも重要です。

日本語教師養成学校では、いくつかの項目に分けてカリキュラムを組んでいます。以下に、その例を紹介しましょう。

・基本的な日本語の知識や日本語教育事情に関する知識
まずは日本語の基礎的な知識を身につけなくては、先に進むことはできません。また、日本語を教える上で前提となる、日本語教育事情についても知る必要があります。

・社会や文化についての知識
日本語を教えるためには、日本語という言語の基本を学ぶだけでなく、コミュニケーションの仕方を教える方法も学んでいかなければなりません。そのため、世界と日本の社会や文化の違いに関するカリキュラムが取り入れられているのです。

・日本語を教える技術
自分が日本語を知っているのと、それを教えられるのには大きな差があります。そこで、どうすれば適切に日本語を教えることができるのか、その技術を学ぶカリキュラムもあります。

カリキュラムの内容

日本語教育能力検定試験は、出題範囲が非常に幅広いという特徴があります。当然のことながら、受講する講座も日本語教育能力検定試験に準拠した内容が望ましいのです。文化庁が定める、日本語教師に必要とされる教育内容であることも重要です。

日本語教師養成学校では、いくつかの項目に分けてカリキュラムを組んでいます。以下に、その例を紹介しましょう。

・基本的な日本語の知識や日本語教育事情に関する知識
まずは日本語の基礎的な知識を身につけなくては、先に進むことはできません。また、日本語を教える上で前提となる、日本語教育事情についても知る必要があります。

・社会や文化についての知識
日本語を教えるためには、日本語という言語の基本を学ぶだけでなく、コミュニケーションの仕方を教える方法も学んでいかなければなりません。そのため、世界と日本の社会や文化の違いに関するカリキュラムが取り入れられているのです。

・日本語を教える技術
自分が日本語を知っているのと、それを教えられるのには大きな差があります。そこで、どうすれば適切に日本語を教えることができるのか、その技術を学ぶカリキュラムもあります。

学費の相場

日本語教師の養成学校には、通学と通信の2種類があります。通学の場合、420時間のカリキュラムを受けるとして相場は50~70万円ほど。通信では、15~30万円ほどが相場と見てよいでしょう。

 

それなりの費用をかけて日本語教師を目指すためには、日本語教育能力検定試験の合格率を高める講義を受けられる学校で学びたいものです。もちろん、内容が充実していて費用がリーズナブルであれば、言うことはありません。

PAGE TOP