MENU

大学講師とは違った日本語教師に必要な”教える為”の研修とその必要性

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 大学講師とは違った日本語教師に必要な”教える為”の研修とその必要性

大学講師とは違った日本語教師に必要な”教える為”の研修とその必要性

一般的には大学講師というのは、講義を行い知識や情報を伝えるというものです。一方で日本語教師は大学講師のように日本語の講義を行っても、生徒は日本語を覚えることができません。日本語教師には“教える”といった任務があるからです。そのためには研修が必要です。日本語教師に必要な研修について解説しましょう。

日本語教師の役割を考える

日本語教師の仕事は、日本語を話せない人に対して、文法や発音の知識を理解してもらうとともに、日本の歴史や文化、風習などについても理解してもらうことです。日本語を学ぶ人たちは主に外国人であり、日本で生まれ育ってはいないため、感覚的なことは理解できません。日本語教師はそれも含めて、彼らの教育をしていくことが求められるのです。

日本語を学ぶ人たちの年齢も性別もさまざまです。年齢が違えば、知識や理解力も異なります。日本語教師はそれに適した指導をする必要があります。そのためには、“教える”ことができるようになる研修が必要なのです。

“教える”ために必要な研修

正しい日本語を教えるためには、日本語の文法、語彙、音声などの正しい知識が必要です。自分が日本語を話せるから、それを正しく指導できるのか?といったらそうとは限りません。正しい日本語についての知識を得るための研修が必要です。

また、言語を習得するための研修も必要といえます。どのように指導をしたら、言語を身に付けられるのかといった指導法、教育学についても学ぶべきでしょう。さらに文化の違いを理解してもらうための異文化コミュニケーションに関する知識や情報も身に付ける必要があります。

学習者にストレスを感じさせない指導をするために

子どもに勉強を教える場合も同じですが、「やらされている」「教えられている」という姿勢では正しい日本語を習得させることはできません。特に日本で生まれ育っていない外国人に対して、ストレスを感じさせない指導をするためには何が必要か?どのような指導が大切か?といった点を研修で学んでおくことも重要です。

大学講師とは違った日本語教師に必要な”教える為”の研修とその必要性 まとめ

日本語を母国語としない外国人に日本語を教えるには、自らが正しい日本語を認識していることが大切です。そのうえで、日本の文化、歴史、世界の歴史などの知識や情報を得るとともに、生徒がストレスを溜めないような工夫ができる教師になるための研修が必要です。

PAGE TOP