MENU

日本語教師の資格とは?日本語の知識と教え方を学ぶ

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教師の資格とは?日本語の知識と教え方を学ぶ

日本語教師の資格とは?日本語の知識と教え方を学ぶ

日本語教師はただ、日本語が話せれば良いというものではありません。日本語の知識と教え方を習得していなければならないのです。日本語教師になるためにはどのような資格を取得すると良いのかをここで説明します。

 

3つの資格のうちひとつに該当すること

日本語教師になるためには、もちろん、資格が必要です。経験は問われないことがありますが、資格は問われます。3つの資格のうち、ひとつに該当していることが求められます。
 
『日本語教育能力検定試験に合格すること』『420時間以上の日本語教員養成講座を受けること』『大学で日本語教育を主.副専攻すること』が資格条件です。このうちの1つに該当していると、日本語教師の資格を持っていると判断され、日本語学校での採用基準となります。日本語教師という職業はそう簡単になれるわけではありません。
 

この3つの資格を取得するには

日本語教育能力検定試験の合格率は約20%であり、かなりの難関となっています。しかし、この日本語教育能力検定合格が求められるケースは多くなっています。420時間以上の日本語教員養成講座を受講することが必須条件となる場合がありますが、実務経験がある方、もしくは日本語教育能力検定試験に合格している場合は必要なしとなる場合があります。

 

大学で日本語を学ぶという方法を絶対とするわけではありませんが、必要とされる場合はもちろん、4年制大学を卒業していることが条件となります。志望する職種によって違いが出てきますが、少なくとも、3つの資格のうち、ひとつに該当していることが望ましいといえます。

日本語の知識と教え方を学ぶということ

日本語を教えるという知識、そして、教え方を習得するにはやはり、時間を必要とします。教えるということだからこそ、時間を必要とすると考えて良いでしょう。資格には有効期限などはありません。そして、中途採用も多いですし、年齢的制限も少ないため、すぐに働けなくても数年後に働けるという一面も持ち合わせています。

 

就職する選択肢が増えますし、仕事での信頼性を高めるということにもつながります。日本語教師になりたいという願いを持っているのであれば、確実に日本語教師の資格を取得しておくという気持ちが大切です。

日本語教師になるための近道は資格

日本語教師になるためのいちばんの近道は資格を取得しておくことです。その中でも日本語教育能力検定試験の合格はしておいた方が無難といえます。420時間以上の日本語教員養成講座の受講および大学で日本語を学ぶことも必要となってくる場合があります。

まとめ

日本語教師は海外で日本語を教えます。教えるというのに日本語の知識が豊富に備わっていなければ、伝えることもできません。そう簡単には伝えられない言語といえます。そのため、教える側は時間を掛けて、知識を習得する必要性があるのです。

PAGE TOP