MENU

特待生制度

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > 特待生制度

特待生制度

概要

特待生制度実施の背景

日本語学習者が増加する中、日本語教師不足が大きな課題となっております。
これからの日本語教育を支える優秀な人材を確保するため、日本語教師としての活躍が期待される優秀な方々を選抜し、当養成講座を特別価格で受講していただく制度を設けました。
さらに、講座修了後には、赤門会日本語学校での非常勤講師の職を保証します。

 

特待生制度応募の流れ(4月期入学)

個別面談(特待生制度や当養成講座の詳細をお話いたしますので一度当校にお越しください。

     ご希望の方は授業見学もできます。)

応募

選考(随時行います。)

養成講座受講開始(4月)

養成講座修了(9月末)

赤門会日本語学校非常勤講師(10月~)

※当校で勤務することは義務ではございません。

※専任講師への登用制度もございます。

 専任講師になるための期間は個人差がとても大きいです。

 通常、非常勤講師勤務後、半年~1年の実地経験を積む必要があります。

募集要項

受講内容

420時間総合コース 

+ 日本語教育能力検定試験対策コース

   (実力練成+直前対策)

 

420時間総合コース概要:
【開講時期】2018年4月
【期間】4月~9月末までの半年間(420時間)
【時間】平日(月~金)13:00-16:30

カリキュラムの詳細はこちらのページをご覧ください。

 

日本語教育能力検定試験対策コース概要:
【開講時期】2018年5月中旬
【期間】5月中旬~9月中旬(計15回)
【時間】土曜日  13:00-16:30
カリキュラムの詳細はこちらのページをご覧ください。

募集対象 ・四大卒
・日本語教師としての資質をお持ちの方
・年齢20代~40代前半くらい
・社会人経験があることが望ましいがなくても可
募集人数 定員30名
選考方法

・書類審査

(履歴書

  +作文「日本語教師を目指す理由」(800字程度))

・面接

受講料

30万円(税込)
※通常セット割引料金561,600円のさらに47%OFF

※別途教材費が約2万~2万5千円かかります。
※分割払い(2回まで)でもお支払いできます。
※420時間総合コースは、

   厚生労働省が定める教育訓練給付制度対象コースです。

 ご自身が給付対象かどうかはハローワークに

   お問い合わせください。

応募方法

履歴書、職務経歴書(職歴のある方のみ)、

作文をEメールまたは郵送にてお送りください。

*作文は便せんか原稿用紙に手書きでご記入ください。


【応募締め切り】2018年2月26日(月)

*定員になり次第締め切らせていただきますので、

  早めにご応募ください!


【問い合わせ・書類提出先】
赤門会日本語学校 日本語教師養成講座
Tel : 03-6806-5225 Email:yosei@akamonkai.ac.jp

〒116-0013 東京都荒川区西日暮里2‐54‐4

 

 
 
 
 
 
 

PAGE TOP