MENU

ホーチミン便り1 赤門会ホーチミン校(南学日本語クラス)

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > お知らせ一覧 > ホーチミン便り1 赤門会ホーチミン校(南学日本語クラス)

ホーチミン便り1 赤門会ホーチミン校(南学日本語クラス)

南学(南洋学院)は、戦前の1942年に南方開発の指導的人材を育てるためにベトナムに設立された日本の国立高等専門学校で、学生は日本人の他アジア各国から選抜されました。しかし3期生合わせて112名を輩出した時点で終戦、学院は閉鎖されました。その後1991年、日本人卒業生の尽力により復活、日越文化協会の後援によって総合大学の一学部として新たにスタートしました。南学は授業料が無料であることが特色でそのため経済的な理由で進学を断念した人たちにとっても将来に繋がる1つの希望の道でありました。しかし支援者の老齢化などの理由で支援ができなくなり2009年再び学院は閉鎖されました。そして、2013年11月、赤門会日本語学校がこれを引き継ぎ3度目の運営を開始いたしました。 今、南学には2クラス合わせて33名の学生がいます。入学してから卒業するまでの1年9か月の間にN1を取り、日本語を使う環境の中でしっかり仕事ができるように、会話、日本事情、ビジネスマナーなどを、みんな一生懸命学んでいます。

ホーチミン市師範大学(5区の賑やかなところ)

南学クラスは左のビル(C棟)の3, 4階にあります。

19期生

2013年11月開講のクラス(現在11名)

少々疲れ気味ですが頑張ってます!!

20期生

2014年10月開講のクラス(現在22名)

元気で明るい!!

事務所(C棟6階)

現在、専任2名、非常勤2名、事務員1名

の計5名で頑張っています!(^^)!。

PAGE TOP