MENU

日本語教師とは

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > お役立ち情報 > 日本語教師とは

日本語教師とは

どんな職業?

class

ことばを教えるプロフェッショナル

海外約63,000人、国内約34,000人もの人が日本語を母語としない学習者に日本語を教えています。

教える場所も大学、訓練施設、語学学校、コミュニティーセンター、会社内、学習者の自宅と、さまざまです。

日本語教師には日本語を母語とする教師(大部分は「日本人」)と母語としない教師(大部分は「外国人」)がいます。

日本語教師をしている人は基本的に「日本語教師になるための専門知識や技術」を学んでいます。「日本語が話せれば、日本語教師になれる」というわけではありません。日本語を組み立てているさまざまな「部品」について明示的に提示でき、学習者が効率的に「日本語が使えるようになる」テクニックを持っていなければなりません。ちょうど水泳のインストラクターが泳げない人に最短の時間で無理なく泳げるように指導できるというような特殊技術が必要な仕事です。

また、外国語力は必ずしも必要ではありません。特定の国で教え続けるのであれば、その国で広く使われている外国語力が必要になりますが、それは仕事のコアの部分で必要なものではなく、周辺的なものです。コアになるのは「日本語についての知識」と「教室活動の技術」です。日本国内の多国籍クラスでは全員の共通言語がないので、日本語だけで授業を行います。

幅広い年齢、多様なバックグラウンド

大学で日本語教育を専攻している学生が卒業と同時に日本語教師になる例もありますし、定年退職後に日本語教師養成講座に通って、日本語教師になったという人もいます。

20代から60代あたりまで、さまざまな年齢の人が日本語を教えています。

また、近年日本語教育も多様化しており、「日本語プラスα」というコースもあります。例えば、ビジネスマンに「使えるビジネス日本語」を教えるコース。敬語だけでなくアポイントの取り方、企画書の書き方なども教えなければなりません。元ビジネスマンの先生の出番です。他には看護師の国家試験を受ける学習者に教えるコース。元看護師の方が適任ですね。このように日本語教育に携わる前に持っていた知識・技術は無駄になりません。むしろ、他の教師と差をつける大事なアイテムになります。現在世界中で日本のアニメ・漫画が好きという若者が増加していますが、そういった知識は必ず役に立ちます。

どのような人が学んでいるのか

class

学習者数

全世界で約400万人、日本国内では約14万人もの人が日本語を学んでいます。

目的

世界全体では「日本語そのものへの興味」(62.2%)次いで「日本語でのコミュニケーション」(55.5%)、「マンガ・アニメ・J-POP等が好きだから」(54.0%)となっています。

日本国内、特に日本語学校で学ぶ留学生は大学、大学院、専門学校への進学、日本での就職などが主な目的です。

国籍

世界全体では中国、インドネシア、韓国、オーストラリアの順で学習者数が多く、上位3カ国で全学習者の7割弱となっています。

国内の日本語学校では学校ごとに国籍のバランスが違います。赤門会日本語学校では中国、ベトナム、韓国が多く、次いでネパール、モンゴル、スウェーデン、ミャンマー、スペインの順になっています。(2014年12月)

どんな働き方があるのか

class

さまざまな教育機関・施設で

日本語学校、大学、公立の小中学校、インターナショナルスクール、技術研修生の研修所、企業への出張レッスン、自治体の日本語教室等。出張レッスンでは学習者の職場・自宅に出向くこともあります。

また、海外で教える場合は公的機関からの派遣、民間の学校、現地の会社等さまざまな場所で日本語教育が行われています。

自分に合った勤務形態で

フルタイムの常勤講師、週2、3回の非常勤講師、ボランティア講師やフリーランス。さまざまな勤務形態があります。家事をしながら教えている先生、複数校で掛け持ち授業をしている先生など、自分のライフスタイルに合った働き方が選べます。

>日本語教師になるには

>就職ガイド

お役立ち情報

PAGE TOP