MENU

就職ガイド

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > お役立ち情報 > 就職ガイド

就職ガイド

日本語教師の就職市場

日本国内

日本語学校、大学、公立の小中学校、インターナショナルスクール、技術研修生の研修所、企業への出張レッスン、自治体の日本語教室といったところが考えられます。

このうち、大多数の未経験者がデビューする場は日本語学校か自治体の日本語教室です。 その他は日本語教師の資格以外に要求されるものがあります。大学では日本語教育や言語学関連の修士号以上が必要ですし、一定の経験を要求するのが一般的です。公立の学校では教員免許、インターナショナルスクールでは幼児・児童教育の知識や高い英語力を要求されます。研修所や企業派遣は即戦力・専門知識を要求されるので、未経験者が採用される可能性は低いと思われます。

自治体の日本語教室は、やりがいのある場なのですが、基本的にボランティアなので、職業として日本語教師を考えている人はほとんど日本語学校で教壇デビューを果たしています。

海外

JICA等公的機関による派遣

日本語教師の資格を満たしていれば、おおむね応募できますが、ある程度の英語力、地域によっては特定の語学力が要求されます。未経験者でも採用の可能性はないとは言えませんが、2~3年国内で経験を積んだ後、応募するというパターンが一般的です。

日本国内の日本語学校から姉妹校・提携校への派遣

日本国内での資格があれば、応募できます。現地での給料、渡航費、ビザ取得費用、保険等支給が一般的です。

その他

募集案件によってさまざまで、一概に言えませんが、高い学位や高度な語学力を求められる場合や、すでにビザを持っている(現地でなんらかの形で生活している)ことが条件になっている場合などもあります。

養成講座を選ぶときに

養成講座の経営母体が日本語学校を持っているか、いないか、また、その規模も確認しておきましょう。物理的に就職のしやすさが違ってきます。また就職支援の体制もどうなっているのか、きいておきましょう。未経験者にとって、サポートは多ければ多いほど心強いものです。

応募資格・採用試験

応募資格

応募資格は日本語教育振興協会が定めた資格が基本となります。次のいずれかが最低限必要です。

  1. 大学での日本語教育の専攻
  2. 日本語教育能力検定試験合格
  3. 養成講座で420時間修了

教育機関によっては四大卒、短大卒の場合は検定合格などの条件をつける場合があります。

採用試験

一般的には「書類審査 → 模擬授業・面接」という流れになります。履歴書等はデータでかまわないという教育機関もありますが、手書きのものを要求される場合もあります。語学教師ですから、板書が読みにくいのでは困ると考える採用担当者が多いと思われます。必ずしも「美しい」必要はありませんが、自分の字が読みにくいのではと思う方は今からわかりやすい字を書くように心がけましょう。

こんな人が求められる!

教師の募集はふつう経験者と未経験者の枠に分けて行います。ですから、競争相手は同じ未経験者です。採用担当者が評価するポイントですが、技術的な部分はそれほど重要ではないと思われます。なぜなら技術的な部分は教師になって場数を踏みながら身についてくるもので、未知数の部分が多いわけです。一番重要なのは熱意です。学生からの評価も同じです。

学生からすると、ベテラン教師と新米教師の違いは即座にわかってしまうものです。しかし、下手な授業であっても、一生懸命さは学生に伝わります。自分たちのために一生懸命授業をしている先生に学生たちはついてきます。どんなベテラン教師も「下手な新米教師」からスタートしているのです。

その他のポイントは以下のようなものでしょう。

  1. コミュニケーション能力が高く、気配りができる。
  2. どのような学習者とも努めて公平に接することができる。
  3. 他の教師とも協調して、チームティーチングを行える。
  4. 積極的に新しいことに取り組む意志がある。
  5. 基本的な一般常識がある。

就職活動の流れ

情報収集

養成講座併設の日本語学校に就職を希望する場合は進路相談でその旨を担当者に伝えておきましょう。また、いつから教壇に立ちたいか、はっきり伝えておくと担当者としてもスムーズに対応できるでしょう。

自分で就職先を探す場合は教師募集のページがあるウェブサイトをこまめにチェックしたり、日本語教材専門書店の掲示板で情報収集をしたりしてみてください。4期制の学校であれば1月、4月、7月、10月が新学期、2期制の学校であれば4月、10月が新学期です。募集広告が出されるのは新学期の1ヵ月半前が普通です。

応募書類作成

必要とされる情報を過不足なく、見やすくまとめましょう。詳細なものを要求される場合は履歴書と職務経歴書に分けるといいでしょう。

応募・書類審査

提出締め切りについては余裕を持ちましょう。締め切り日ぎりぎりの提出や「締め切り日が過ぎているのですが、応募できますか」というメールの文言はプラス評価にはつながりません。

面接・模擬授業

面接はだれでも緊張するものです。取り繕わず、自分らしく臨みましょう。そうすれば受け答えにも余裕がでてくるものです。模擬授業は基本的なところをおさえて、落ち着いた授業計画を立てましょう。

採用決定

採用決定が出て、条件等で不明な部分があれば、単刀直入に担当者に質問したほうがいいです。お互い気持ちのいい状態で仕事をスタートさせましょう。

お役立ち情報

PAGE TOP