MENU

日本語教師になるには

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > お役立ち情報 > 日本語教師になるには

日本語教師になるには

どうすれば、日本語教師になれるのか?

学校の先生になりたければ、教員免許を取ることを目標にします。教員免許は国家資格のひとつです。しかし、日本語教師には教員免許に相当する国家資格がないのです。

ですから極論を言ってしまえば、だれでも日本語教師になれます。たとえば、勤めている会社の海外支社から研修に来た外国人に上司の命令で日本語を教えたり、近所に引っ越してきた外国人と友だちになって、日本語を教えたりするなど、法律的に何の問題もありません。

 

ただ、「職業」として日本語教師を選択するのであれば、「常に仕事がある場」に所属しなければなりません。言い換えれば常に「顧客」である日本語学習者が大勢いるところです。それはどこでしょうか。

whiteboard:
 

結論を言ってしまえば、それは日本語学校です。日本国内の日本語学習者は大学や地方公共団体、国際交流協会など様々な機関で学んでいますが、全学習者の約半数が「日本語学校」で学んでいます。しかも長期間学習しており、一日の学習時間数も長いです。

 

このように職業として日本語教師を選ぶなら、日本語学校の教壇に立つことを目指すのが一般的です。では、日本語学校では日本語教師を採用する際、どんな「資格」を求めるのでしょうか。ほとんどの日本語学校が一般財団法人日本語教育振興協会(日本語学校を「認定する」機関)の定めた「教員の資格」に拠っています。それは、どんなものかまとめると、以下のいずれかに該当することを意味します。

teacher
四年制大学で日本語教育を
専攻する
日本語教育能力検定試験に
合格する
学校、専修学校、各種学校等で420時間以上の日本語教育に関する研修を受講する

よく言われる「日本語教師の資格」とはこれを指します。さて、1~3までの内容を細かく見ていきましょう。

 

「1.」の大学での専攻ですが、現時点で高校生であれば、こういう選択肢もいいのではないかと思いますが、すでに社会人となった人には時間的にも経済的にも負担が大きく、なかなか踏み切りにくいのが現実ではないでしょうか。

「2.」の日本語教育能力検定試験の合格ですが、独学でとられた方もいらっしゃいますが、合格率が20~23%の専門的な知識が必要な試験です。ただ、試験範囲が一般的な420時間コースの教育内容(文化庁のもの基にしている)と重なっているため、420時間コースで学習した後に試験対策を受け、受験するというパターンが一般的です。ですから、検定試験の対策講座は420時間コース修了程度の基礎知識を持っていることが受講の前提となります。そのような理由で「3.」の420時間コースを受講するという選択肢が最も一般的なものになっているようです。

お役立ち情報

PAGE TOP