MENU

日本語教師養成講座で学べること

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教師養成講座で学べること

日本語教師養成講座で学べること

以前のコラムで、日本語教師養成講座では日本語教師に必要なスキルを学べることを書きましたが、もう少し詳しくみていきましょう。

日本語教師の役割

日本語教師の仕事は日本語を母語としない学習者に日本語を教えることですが、ことばを教えるにあたっては、その背後にある日本の歴史や文化、習慣などについても伝える必要があります。年齢、性別、出身地等の背景が異なるさまざまな学習者に対応できなければなりません。

“教える”ために必要な研修

また、正しい日本語を教えるためには、日本語が話せるだけでは不十分で、日本語の文法、語彙、音声などについての知識が必須です。日本語教師養成講座では、そうした知識を習得することができます。さらに、言語習得のための指導法や教育学、文化の違いを理解するための異文化コミュニケーションに関する知識やスキルも身につきます。

学習者の視点に立つと、「やらされている」「教えられている」という受け身の姿勢では日本語の習得は困難でしょう。日本語教師養成講座を通じて、学習者がストレスを感じることなく主体的に学習に取り組めるような指導法を学ぶことも重要なポイントです。

PAGE TOP