MENU

日本語教育能力検定試験の合格率と難易度

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教育能力検定試験の合格率と難易度

日本語教育能力検定試験の合格率と難易度

日本語教育能力検定試験の合格率や難易度はどれぐらいなのでしょうか。

日本語教育能力検定試験の合格率

平成29年度の結果をみると、全科目受験者数5,733名に対して合格者数は1,463名、合格率は25.5%となります。昭和62年度に行われた第1回試験からの合格率の推移をみると、平成17年度までは20%を若干切っていましたが、その後は20%を超え、近年では約25%に上昇しています。

日本語教育能力検定試験の難易度

日本語教育能力検定試験を合格率でみると20~25%とやや難しい印象を受けますが、合格率よりも試験の特徴に着目したほうがよいでしょう。

以前のコラムで書いたように、この試験の出題範囲は多岐にわたりますが、日本語教師養成講座で学習する内容でカバーされます。つまり、日本語教師養成講座でしっかりと勉強したうえで、適切な試験対策をとれば、合格は難しくありません。

当講座では、受講生の通算合格率60%以上の実績を出しているベテラン講師による日本語教育能力検定試験対策講座を、例年5月より開講しています。

詳しくはこちらをご覧ください。
日本語教育能力検定試験対策コースについて

PAGE TOP