MENU

日本語教師の資格取得と就職なら赤門会日本語教師養成講座

資料請求・見学・お問い合わせはこちらから

HOME > お役立ち情報 > 日本語教師になるには

日本語教師になるには

どうすれば、日本語教師になれるのか?

学校の先生になりたければ、教員免許を取ることを目標にします。教員免許は国家資格のひとつです。しかし、日本語教師には教員免許に相当する国家資格がないのです。

ですから極論を言ってしまえば、だれでも日本語教師になれます。たとえば、勤めている会社の海外支社から研修に来た外国人に上司の命令で日本語を教えたり、近所に引っ越してきた外国人と友だちになって、日本語を教えたりするなど、法律的に何の問題もありません。

 

 

whiteboard:
 

ただ、日本国内の日本語学習者は大学や地方公共団体、国際交流協会など様々な機関で学んでいますが、全学習者の約半数が「日本語学校」で学んでいます。しかも長期間学習しており、一日の学習時間数も長いです。ですので、職業として日本語教師を選ぶなら、日本語学校の教壇に立つことを目指すのが一般的です。では、日本語学校では日本語教師を採用する際、どんな「資格」を求めるのでしょうか。ほとんどの日本語学校が一般財団法人日本語教育振興協会(日本語学校を「認定する」機関)の定めた「教員の資格」に拠っています。それは、以下の1つ以上に該当することを意味します。

teacher
四年制大学で日本語教育を
専攻する
日本語教育能力検定試験に
合格する
学校、専修学校、各種学校等で420時間以上の日本語教育に関する研修を受講する

よく言われる「日本語教師の資格」とはこれを指します。

 

「2」の日本語教育能力検定試験ですが、合格率が20~23%の専門的な知識が必要な試験です。ただ、試験範囲が一般的な420時間コースの教育内容と重なっているため、420時間コースで学習した後に試験対策を受け、受験するというパターンが一般的です。

お役立ち情報

PAGE TOP

お問い合わせはお気軽に

資料請求はこちらから