MENU

日本語教師の資格保持者は主にどのような場所で活躍しているのか?

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教師の資格保持者は主にどのような場所で活躍しているのか?

日本語教師の資格保持者は主にどのような場所で活躍しているのか?

日本語教師の資格、といっても日本語教育能力検定試験に合格している、あるいは日本語教師としてのキャリアがあるなどが目安です。そのような日本語教師としてふさわしい人達は、どこで活躍しているのか、これから日本語教師を目指す人には気になるところでしょう。日本語教師の資格保持者がどこで働いているのか、紹介します。

デビューは日本国内が多数

日本語教師の資格を取ったのは良いがキャリアはゼロ、というような未経験者の多くが、日本国内で日本語教師としてデビューしています。またそのほとんどは、日本語学校か自治体の日本語教室です。母体が日本語学校で、日本語教師を養成しているという学校で学ぶのも有望です。

他にも、日本語教師として活躍できる場は、国内に数多くあげられます。例えば、大学や公立の小中学校、インターナショナルスクール、企業などの技術研修生の研修所、出張レッスンなども職場の一種です。ただしこれらの職場では、日本語教師の資格以外に求められるものがある場合が多いのです。

大学で教えるには、日本語教育や言語学について修士以上の学歴が必要ですし、教員免許や幼児教育についての知識や資格が求められることもあります。未経験では、技術研修生に日本語を教えるための経験も足りない場合があるでしょう。

海外で日本語を教える

海外にも、日本語教師として働く先はあります。国際協力をしている公的機関から、日本語教師として海外に派遣される例は多数あります。しかし、そのような機関が求めている人材は、数年以上のキャリアを持つ日本語教師です。ある程度の経験を積んでから、海外で働くことを目指すのはよいでしょう。

海外で日本語教師をする場合、英語や現地の言葉を扱う能力があったほうが有利です。また、派遣される場合は派遣先の国を選べないという場合や、自分で海外に日本語教師の就職口を見つけてもビザを取得するのに苦労することなどがあり、未経験者には高いハードルと言えます。

養成講座の就職ガイドをチェックしておく

日本語教師の資格取得を目指す人のほぼすべてが、日本語教師として働くことを目指している人でしょう。日本語教師の学習を終えて試験に合格したら、日本語教師の就職先をすぐに見つけたいと期待しているはずです。

そのためには、日本語教師の養成講座の就職ガイドをチェックしておくことも参考になります。講座を終えたらすぐにでも就職するのに有利な養成講座を選べば、希望の灯を絶やすことなく日本語教師の仕事に向かっていけるでしょう。

日本語教師の試験に合格したから、講座を修了したからといって、必ずしも日本語教師としての働き口にありつけるとは限りません。就職の確率をより高くするためには、日本語学校への就職先を紹介してくれるような養成講座を選ぶのも一つの方法です。

PAGE TOP