MENU

日本語教師養成講座とは

資料請求・お問い合わせはこちらから

HOME > コラム > 日本語教師養成講座とは

日本語教師養成講座とは

コラム「日本語教師になる方法、日本語教師の仕事探し」でご紹介したとおり、法務省告示校で日本語教師として勤務する場合、次の要件のいずれかを満たしている必要があります。

1.大学または大学院で日本語教育に関する教育課程を修了すること(主専攻)
  または日本語教育に関する科目を26単位以上習得すること(副専攻)

2.学士の学位を有し(4年制大学を卒業)、日本語教育に関する研修を420単位時間以上受講し、修了すること

3.日本語教育能力検定試験に合格すること

当講座では、このうち2.のいわゆる「日本語教師養成講座」と、3.の「日本語能力検定試験対策講座」を開講しています。それでは、まず日本語教師養成講座の詳細についてみていきましょう。

日本語教師に必要とされる知識・能力

日本語教師に期待される知識・能力はどんなものなのでしょう。文化庁の資料によれば、「国際的感覚と幅広い教養、豊かな人間性、日本語教育に対する自覚と情熱、日本語教育に関する専門的な知識・能力など」です。

標準的な教育内容

これに基づいて、日本語教師養成講座の標準的な教育内容が以下のように定められています。これは、大学や大学院の主専攻・副専攻でも同じです。

・日本語の構造に関する体系的、具体的な知識

・日本人の言語生活等に関する知識・能力

・日本事情

・言語学的知識・能力

・日本語の教授に関する知識・能力

当講座では、これらを「ことばを教える技術を身につける」「ことばや社会・文化についての知識を身につける」「より専門的なことを学び知識を深める」「教壇に立つための知識を身につける」の4カテゴリーに分けて、さまざまな科目を用意しています。

PAGE TOP