準備教育課程




HOME > コース案内&授業料 > 準備教育課程

準備教育課程

準備教育課程

コース概要

準備教育課程は留学ビザを取得して入学し、長期に日本語を学ぶコースです。本コースは文部科学省に認可されており、母国での修学年数が12年未満のため日本の大学入学資格のない学生は、本コースを受講することにより大学入学資格を得ることができます。また、本コースでは一般コースより長期間のビザが発給され、すべての日本留学試験対策講座を無料で受けることが出来ます。日本語のカリキュラムや進路サポートは一般留学コースと同様です。

募集対象

・高等学校を卒業し、高校までの修学年数が12年未満の者

・真面目に授業に出席し、日本語を学ぶ意欲の高い者

レベル

全レベル

*初めのクラスレベルは、プレイスメントテストの結果で決まります。

ビザ種類 留学(初回2年~2年3ヵ月)
入学時期

4,10月

コース期間

4月入学:2年、10月入学:1年6カ月

(3月卒業)

授業時間

午前または午後のみの半日制(日本語授業の総時間数 約800時間)

・午前クラス 9:00~12:30(45分×4限)、週5日(月~金)

・午後クラス 13:00~16:30(45分×4限)、週5日(月~金)

カリキュラム概要

・総合日本語

・日本語能力試験対策
・日本留学試験対策講座

出願時期

・4月入学: 9月1日~1月20日

・10月入学: 3月1日~7月1日

*定員になり次第受付を締め切らせて頂きます。

コースの特徴

  • レベルに応じた細分化されたクラス編成
  • 高得点を目指す日本語能力試験対策
  • ベテラン講師担任との個別面談による進路指導
  • 一流大学の現役大学・大学院生による進学指導
  • 専任スタッフによる就職アドバイス

学費

コース期間2年1年6ヶ月
1年目選考料 20,000円 20,000円
入学金 40,000円 40,000円
授業料 670,000円 670,000円
施設維持費 40,000円 40,000円
小計 770,000円 770,000円
2年目授業料 670,000円 335,000円
施設維持費 40,000円 20,000円
小計 710,000円 355,000円
学費合計 1,480,000円 1,125,000円

学費改定のお知らせ

教育の質を一層充実させるため、2018年4月より学費を値上げさせていただきます。

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

新学費は下記表の通りです。

コース期間2年1年6ヶ月
1年目選考料 20,000円 20,000円
入学金 48,000円 48,000円
授業料 690,000円 690,000円
施設維持費 40,000円 40,000円
小計 798,000円 798,000円
2年目授業料 690,000円 345,000円
施設維持費 40,000円 20,000円
小計 730,000円 365,000円
学費合計 1,528,000円 1,163,000円

クラスレベルと学習期間の目安

最短1年/最長2年

学習期間

  • 上級(全4レベル)
  • 中級(全4レベル)
  • 初級(全5レベル)
  • 0
  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 9ヶ月
  • 1年
  • 1年3ヶ月
  • 1年6ヶ月
  • 1年9ヶ月
  • 2年

初級Ⅰ

初歩的な文法・漢字(180字程度)・語彙(800語程度)を習得し、日常生活の中で必要な会話や事務手続きができる。また「質問する」「答える」という形でコミュニケーションがとれ、平易な文、短い文章が読める。

初級Ⅱ

基本的な文法・漢字(350字程度)、語彙(1500語程度)を習得し、自分の意思・考え・希望などを含めた日常的なコミュニケーションがとれる。また基本的な日本の習慣が理解できる。また、平易な文、短い文章が読め、短い作文を作成する事ができる。

初中級

初級から中級への橋渡しの期間とする。初級で学習した文型の定着を図るとともに、初級段階であまり時間のかけられなかった「読解」に力を入れることによって中級の学習に備える。また、学習者が日本で生活していく上で必要と思われる場面における「会話力」を養う。さらに、校外学習などを通して日本社会に実際に触れてみる事によって、異文化が理解できる視野を養う。

中級Ⅰ

初級の学習を終了し、文法を体系的に習得するとともに、日本の生活で日々直面する場面でのコミュニケーションがとれるようにする。また、自分に関連のある出来事や興味のある話題について叙述できるようにする。同時に日本語能力試験対策(N2レベル)も開始する。

中級Ⅱ

テキストの学習を通して、日本の高等教育機関で教育を受けるのに必要な四技能の習得を目指す。また、日本の社会や文化を広く理解するのに役立つものをできるだけ取り入れ、校外学習をはじめとしてさまざまな活動を通して、総合的な能力を養う。同時に、日本語能力試験対策 (N2~N1レベル)も行っていく。希望者向けに日本留学試験対策も行う。

中級Ⅲ

中級Ⅱに引き続き、テキストの学習を通して語彙・文法・読解・聴解の力をつけ、日本の高等教育機関で教育を受けるために必要な四技能の習得を目指し上級への橋渡しをする。また、社会的なテーマについて知識を広げ討論できるようにする。同時に日本語能力試験対策(N1レベル)を行い、さらなるレベルアップを図る。希望者向けに日本留学試験対策も行う。

上級Ⅰ

テキストの学習を通し、新聞や雑誌が読める程度の読解力、テレビ番組(ニュースなど)が理解できる聴解力を養う。また、日本語能力試験対策を通して論理的表現力を養い、必要な語彙や機能語(N1レベル)の定着を図る。希望者向けに日本留学試験対策も行う。

上級Ⅱ

テキストの学習を通し、新聞の社説が読める程度の読解力、テレビのドキュメンタリー番組の内容が理解できる聴解力を養う。また、日本留学試験対策・日本語能力試験対策を通して身に付けた語彙や機能語(N1レベル)を用い、討論の場や小論文で自分の意見を論理的に表現する事ができる。さらに、さまざまなジャンルの生教材を通して、卒業後も高等教育機関などで生かせる総合的な日本語力を養う。

進学実績

国立大学・大学院

東京大学、東京外国語大学、東京工業大学、埼玉大学、千葉大学、東京学芸大学、電気通信大学、東京農工大学、筑波大学、横浜国立大学、お茶の水女子大学、高崎経済大学、首都大学東京etc

私立大学・大学院

早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、中央大学、法政大学、立教大学、上智大学、日本大学、専修大学、青山学院大学、学習院大学、駒沢大学、桜美林大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学、日本女子大学etc

指定校推薦入学提携校(私立大学)

国士舘大学、東洋大学、明海大学、麗澤大学、拓殖大学、東京経済大学、流通経済大学、文化女子大学、城西国際大学、大阪産業大学、札幌大学、東京経営短期大学、文化女子大学短期大学部、大阪産業大学短期大学部

専門学校(指定校推薦入学提携校を含む)

日本電子、日本工学院、服部栄養、東京調理師、辻調理師、文化服装学院、東京モード学園、ハリウッド美容、東洋美術学校、ICSカレッジオブアーツ、東放学園、尚美ミュージックカレッジ、日本ホテル、東京外語、文化外国語ビジネス、テクノ・ホルティ園芸、日本フラワーデザイン、東京デザイン、東京工科、東京観光、東京製菓、東京ビジュアルアーツetc

ご入学手続き・お問い合わせに関して


PAGETOP

お問い合わせ

年間スケジュール