MENU

平成27年度日本語教育能力検定試験が終わりました。

資料請求・お問い合わせはこちらから

せんせいのぶろぐ

平成27年度日本語教育能力検定試験が終わりました。

Posted by 

カテゴリ:日本語教育

出題された問題を見ると、まず、文法など日本語ネイティブであれば理論を知らなくとも語感があれば答えられる問題の難易度が少し上がっています。わかりやすく言うと「分析して整理する」手順が必要な問題が増えたという印象です。

また「談話」についての出題が増しています。これはここ何年間かずっと続いている傾向で、ムーブ、フロア、隣接ペアといった用語もどんどん出てくるようになっています。

日本語教師仲間で話題になったのは試験1の問題14です。東南アジア諸国のうち、日本語学習者の多い、インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシアの5か国の状況に関する問いが5題出題されているのですが、最後の問いが5か国のポップカルチャーに関するもので、正解はこれだと思うのですが、「インドネシアにAKB48関連グループ『JKT48』が結成されている。」まあ、マンガ、アニメ、アイドル等ポップカルチャーが日本語学習者増加の背景にあると認識していない受験者に対するショック問題なんでしょうね。

H.M.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP